icatch34

日焼け後のダメージ肌を簡単にケアできる!?『若返りたんぱく質(HSP)』に注目!

日差しの強い夏が近づいてきました。しかし、オトナ女子だって旅行にビーチにバーベキューなど夏に行きたい所はたくさんあります。もし日焼けでダメージを受けた肌を、簡単に修復させる方法があったら、夏がもっと満喫出来ますよね!医療現場でも使われている、そんな魔法のような方法をご紹介致します。

日焼け後のダメージ肌を簡単に修復させる方法とは?

本当に簡単なその方法とは、なんと『42度のお風呂に10分入浴すること』だけなのです。
いったいどういうことなのでしょうか。

42度のお風呂に10分入浴するだけ!

日焼けをすると、紫外線により肌の弾力を維持するコラーゲンやエラスチン等が破壊されます。そのダメージを最小限にとどめようと働いてくれるのが、若返りタンパク質『HSP』。ストレスや病気で傷ついたタンパク質を、正常な働きが出来るように修復してくれる性質があります。H(ヒート)S(ショック)P(プロテイン)の略で、熱の刺激を与えると増えるタンパク質という意味です。
熱の刺激というと少し怖いイメージもありますが、その熱の刺激とは、『入浴』なのです。
42度のお風呂に入り、熱の刺激を身体に与えると若返りタンパク質HSPが増えるので、紫外線による肌のダメージも修復出来るということになります。
(以下若返りタンパク質HSPをHSPと略させて頂きます)

若返りタンパク質HSPを増やす入浴法

基本的には、42度℃で10分入浴します。
ただ、夏は42度ですと、少し辛いですね。お風呂を上がってから汗が吹き出しそうです。
結果的に体温が38〜38.5度まで上がればHSPが増加を開始していくので、41度で15分、40度で20分でも構いません。これからの暑い季節や熱いお風呂が苦手な方は温度設定を変えてみて下さい。
半身浴ですと、25分程度必要となりますので、肩までしっかり浸かるお湯の量がおすすめです。
お湯の温度が下がらないように、お風呂の蓋などを使用し、お風呂を上がった後は身体を冷やさず自然に冷めるのを待って下さい。
水分を入浴前後できちんと取ることは、必須です。

日焼けしそうな日に備えてHSPを増やす!

入浴で増えたHSPの増加は2日後がピーク。ということは、日焼けをすると分かっている2日前に42度で入浴すれば一番効果を期待出来るということになります。逆算して先手を打つ予防美容法ということですね。
ちなみに効果が見込めるのは3〜4日程度ですので、夏場に継続してHSPの効果が欲しい方は、低下してきたタイミングでまた実践すれば、高HSP値をキープできます。ということは、週2回、40〜42度での入浴をすればいいということになりますね。

おわりに

暑い夏が来ます。30歳を過ぎたら、美容には予防が大切です。日焼け止めも大事ですが、やはり身体の内側から紫外線に対する対策が出来ている方が、ベストです。しかもそれが入浴であれば、毎日の生活で必ず行っている事なので、始めやすいですね。すでに紫外線の強い時期になっていますので、今日からでもぜひ始めて若返りタンパク質HSPを増やしましょう。

この記事に関するキーワード

この記事を書いたキュレーター

川崎有希子(カワサキユキコ)

看護師/マタニティセラピスト

美容に関する人気の記事

1

icatch27

ムクミ知らずのツヤツヤ美脚に!話題の美容オイルでフットマッサージ

2

icatch26

夜キウイで腸からキレイに!美腸・美肌を手に入れるキウイの美容効果

3

icatch34

日焼け後のダメージ肌を簡単にケアできる!?『若返りたんぱく質(H…

4

icatch28

湿気に負けない!髪のうねり・広がりを落ち着かせるヘアケア法

5

icatch40

ミランダ・カーの美を支える!?ゴジベリーのビューティーパワー

美容に関する編集部のおすすめ記事

icatch72

美の秘密はココナッツウォーターにあり!天然美容ドリンクの魅力的…

icatch74

肌も身体もクスませない!知っておきたい夏の美養生

icatch49

夏休みは大人気『ヨガリゾート』で決まり!健康と美の旅で新たな自…

icatch48

かかと、足裏は人に見せられる?簡単プチプラフットケアで素足美人へ

icatch61

油っこい料理を食べても太らず美肌を保つ!“朝おかゆ”の美容効果と…

美容で話題になっているキーワード

その他のキーワード一覧はこちら

page top